Bluetooth自動接続APK

Bluetooth Auto Connect-2 Bluetooth Auto Connect-1

Bluetooth Auto Connectは、Bluetoothメディアオーディオ(A2DP)および通話オーディオ(ヘッドセット)接続の問題に対するソリューションです。 Bluetoothがオンになったとき、またはデバイスの画面がオンになったときに、自動的にBluetoothデバイスへの接続を試みます。
まず、Bluetoothデバイスを手動で接続してペアリングし(これが要件です)、Bluetoothをオフにしてからオンにし(またはBluetoothをオンのままにして画面をオンにします)、自動的に接続します。

全般
。 すべてのデバイスに自動接続
。 デバイスの優先順位付け
。 一部のデバイスを無効にする
。 ショートカットのサポート
。 再試行

イベント
。 Bluetoothオン
。 スクリーンオン
。 電源とドックが接続されました

プロファイル
。 メディアオーディオ(A2DP)
。 オーディオを呼び出す(ヘッドセット)

アクション
。 Tasker統合(Taskerからタスクを実行)
。 音声通知(通知音を再生)

その他
。 高度な設定
。 ドッキング時にBluetoothをオンにする
。 優先リトライ
。 TaskerおよびLocaleプラグイン
。 不要なときに自動的に解放されるサービスとして実行されます
。 Samsung S3などに適しています
。 自動モードでは設定は不要です

Bluetoothデバイスと最初にペアリングし、手動で接続することを忘れないでください。 デバイスは、このアプリなしで接続できる必要があります。これは要件です。
Bluetoothをオンにした後のみ、自動的に接続されます。 アプリは、Bluetoothがオフ状態からオンになった直後にのみトリガー(接続を開始)します。
スクリーンオン機能は、Bluetoothがすでにオンになっている場合に自動接続するための非常に便利な方法です。 必要なことは、画面をオンにすることだけです。 そのような場合、アプリは自動接続を試みます。
どんなシナリオでも動作し、TaskerやLocaleを必要としない、非常にシンプルで直感的なソリューション。
デバイスが電源(充電器)に接続されると、電源接続機能がトリガーされます。
別の洗練されたオプションのデバイスは、リストされているすべての有効化され優先されたデバイスへの接続を試みるメカニズムを提供します。 これは、環境を変更する場合や、さまざまなデバイスに頻繁に自動接続する必要がある場合に特に便利です。
TaskerおよびLocaleプラグインのサポートにより、TaskerまたはLocaleの柔軟性により、より多くの魔法を実行できます。 デバイスの接続時にTaskerタスクを自動的に起動することもできます(これを使用して、たとえばミュージックアプリを起動します)
問題がある場合はお知らせください。 Bluetoothがオンになった後(BTステータスがオフからオンに変更されたときに1回だけ)に、既にペアリングされたデバイスの接続試行を開始するこのアプリの目的を理解してください。
このツールを作成した主な理由は、Samsung S3(および他のデバイス)と、以前にペアリングされたA2DP /ヘッドセットデバイスに接続できないことです。
注:アプリは、以前は存在しなかったドキュメント化されていないAPIを使用するため、3.0より前のAndroidバージョンに移植できません。 2.3以前で動作させることはまったく不可能です。
アプリを使用するには、適切なAndroid BLUETOOTH接続が必要です(つまり、このアプリを使用せずに他のデバイスに接続できるデバイスでなければなりません)。 接続の切断や、他のA2DPまたはヘッドセット以外のデバイスへの接続は解決しません。

現在のバージョン:2.8.0
Androidが必要:3.0以上

ダウンロード

8コメント

コメント

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.